ペリフェラル

プログラミング

ArduinoとRaspberry PI間のシリアル通信

4軸ウィンチ(カメラ台エレベーター)の制作ができたら、コンパニオンコンピューターのRaspberry PIからのコマンドを受付け、状況を返すインターフェースを作る必要があります。 シンプルなシリアル通信 基本的な実験から始めます。Raspb...
ペリフェラル

サーボモーターであれこれしたい

空を飛ぼうが、陸上を走ろうが、水上を走ろうが、ドローンになにかリモートでやってもらいたいことが出てきます。 水上ドローンの場合、よく見かけるのが撒き餌のバラマキ。 制御機器で餌箱を開けるわけですね。 サーボモーターとは 具体的にはサーボモー...
ペリフェラル

Arduino とセンサーを使う4軸ウィンチ

Aarduino CNCボードを使う4軸ウィンチの続きです。 ふたつのシリアルポート Arduinoにはふたつのシリアルポートが必要です。 ひとつは元々USBを使うシリアルです。こちらは普段Arduino IDEに接続していますが、最終的に...
ペリフェラル

Arduino CNCボードを使う4軸ウィンチ

4つのモーターで水平昇降 4軸のステッピングモーターで昇降できるウィンチを作ることにしました。 なぜ普通のブラシモーターを使わないかというとステッピングモーターってトルクが強く、静止時にギアがなくても保持していることができて、比較的ゆっくり...
ペリフェラル

GoProの取り付けとMission Planner

GoProを固定するためには、カメラのホルダーを作る必要があります。 カメラホルダー 海で使うので錆びないように、真鍮のパイプとプレートをはんだ付けして作りました。 プレートにカメラのマウントを貼り付けてあります。 こういう大きなものはハン...
プログラミング

GoPro-Raspberry pi-フライトコントローラー

ここまで GoProとUSB WIFIアダプター(RTL88x2BU) で通信 GoProとWiFiの追加 でハードウェアの準備をし、 GoProをPythonで動かす GoProとフライトコントローラーの中継 で、ソフトウェアの研究を積み...
プログラミング

GoProとフライトコントローラーの中継

フライトコントローラーの設定 フライトコントローラーのシャッター信号(AUX GPIOに出てくる)を監視し、それに応じてRaspberry PIからGoProにシャッター信号を送ればいいわけです。 ミッションプランナーとPixhawkを接続...
プログラミング

GoProをPythonで動かす

GoProは素晴らしいことに、WiFi, BLE, USBからコマンドを送って操作できます。(なんと2021年から!) 言うまでもないことですが、BLEは電波が微弱すぎる、USBは耐水にすることが大変なので、ボート用としてはWiFiを選択し...
ardupilot

GoProとWifiの追加

ドローンにカメラを搭載して海を空撮したいという需要はあり、しばしば実行されている例を見かけます。 しかし水上をドローンで撮影しても、海中はほとんど見えません。 最近はアクションカメラでそのまま水中に持ち込むことが可能な機種がいくつかあります...
Linux

GoProとUSB WIFIアダプター(RTL88x2BU) で通信

今回、試みているのはGoProと水中でWiFi接続し、船上のRaspberry PIと繋ごうという試みです。 ただし、ビデオを見るのではなく、Raspiからの指令でGoProにカメラ撮影をさせることが目的です。 ソフトウェアについては、別記...